心の持っていき方

ペット食育協会®︎指導士のobabaこと安藤愛です。

 

日大の件、日に日に大きいニュースになってきていますね。

この一連の報道を見て、おばばが改めて思ったこと。

やはり、「初動」が大事。

 

おばばがずっと若い頃(笑)

代理店の前に、商社にいたことがあるのですが、その会社で脈々と言い継がれていた言葉は「初動」を間違えるな、でした。

一つの案件に対して、まず、何をするか?それによってそのあとがどんどん変わって行くんですよね。

いいビジネスの話がやって来ても、それを誰に相談するか、どんな条件を設定するか、どんな返事をするか、それによってその先が大きく変わる。

 

そういう意味で、やってしまったことはいけないことではあるけれども、危険なタックルをした選手が行った初動としての記者会見は、個人的には間違いではなかったように思います。

それにひきかえ、日大側は初動を間違えた。なので、その後どんどん雪だるま式に悪い方向に行った。そんな気がします。

 

これって、わんちゃんの症状への対応に関しても言えると思うんです。

たまーに友達から相談されたりもするんですが、おばばとしては「もし自分だったらこうする」という話しをするわけです。

「こうしたほうがいい」というアドバイスはおばばの立場ではできないので、「自分だったらこうするな」と伝えます。

そうするとね、意外と多い返事が「ありがとう。様子見つつ、考えてみる」という答え。

様子みる、って、どうなったらどうする、っていうのがわかる人がやることだと思うんですよね。

あと、考えてわかるのかな?と(笑)

 

だから、おばばは様子は見ない。だって、わからないもの、自分では。

いい病院を教えて頂いたらすぐに予約を取ります。今回もそうでした。

行くべきか行かないべきかなんて、考えません。だって、考えたってわからないでしょ?行ってみないとわからない。会ってみないとわからない。

それが、おばばの「初動」に対する考え方。

だから、たまーにハズレもある(笑)

でも、それでいいじゃないですか。半年考えてもわからないことが1日でわかるんですよ。ダメだったら次の手が打てる。

 

そうそう。手作りごはんもそうなんですよね。

「続けられるかわからないから始められない…」と言われるので、「たまにでもいいじゃない。やってみなよ」と言うと、「そうだね、考えてみるー」と。

考えてわかるんかーいっ!と(笑)

できたらできたでいいし、できなかったら、まぁ仕方がないというか。でも、続けられるかわからないから始めない、ってなんか勿体無いなぁと。

 

ということで、そんな考え方なので、母親にはいつも「行動が早い!(=早すぎる)」と半分お小言で言われます(笑)

でもね、それで後悔はしたことがないので、それはそれでいいのかな、と。自分が後悔してないので、良しとしてます。

 

リーフの症状ですが、そんなおばばの判断で日々大事に連れまわされて(笑)どんどん良くなっています。

最初は痛みもあまり感じてないように思えるほど麻痺が強かったのですが、今は反応が出て来てる。

とってもうまく歩けるようになって来ました。でも、まだモモのあたりから脚が動いているだけで、甲の部分はひっくり返ったままだったり、歩いてて絡まっちゃったり。

家で歩いているとズズゥーズズゥーと引きずる音がするんですが、それでも痛みがなくなったのか引きずりながら一生懸命歩いたり遊んだりしています。

 

 

みんながお散歩行くのにリーフだけお留守番はかわいそうなので、いつも通りブランと一緒に出て、リーフを浜までおばばがバッグで運び、砂の上でのお散歩を楽しんでもらいました(^^)

普通に歩いてるように見えません?(^^)

リーフさん、よく頑張ってます。

まだ右脚メインなので左脚をタタッとうさぎさんみたいに同時に持って行ったり、歩くときに足の裏ではなくて甲で歩いてたりするんですが、確実にモモからは脚を持っていけてるのがわかります。

浜を2〜3分歩いたら足の裏じゃなくて甲が砂だらけでしたが(笑)良い気分転換になってるかなぁと。

 

 

おばばもね、実は左前骨間神経麻痺ってのになったことがありまして。これもね、いきなり朝起きたら左の親指だけが動かないんですよね。

曲げようと思っても、自分の意思では曲がらない。でも、右手で曲げれば曲がる。痛くも痒くもない。ただ、動かないだけ。

ぎっくり腰やら神経麻痺やら、おばば、大丈夫?って感じですが、激務が続いていた30代はずっとそんな感じでした(汗)

 

で、その左前骨間神経麻痺ってのは、治る人は治る、治らない人は治らない、という、もぉーどうしたらいいわけ?みたいな症状なんですよね。

「手術してもいいけど、手術で治る人もいるし治らない人もいるから、しないほうがいいかもしれませんね」とその症状の専門医の人がいうぐらいなので。

でね、その時おばばは思ったわけです。「人間、やる気じゃね?」と(笑)

なので、毎日、仕事をしながら、右手で左の親指を動かしながら、左手で動かしているイメトレをしてました。

どのくらいかなぁ。1ヶ月ぐらいでしょうか。脳で左の親指を動かそうとしたら動いたんです!ちょっとだけど。それがわかってから、今度は右手を使わずに、脳の指令だけで動くように、食事の間とかトイレの間とか(笑)ずっと指令のトレーニング。

で、今は普通に動きます。たまに疲れると左手の親指だけ痺れたり、動きにくく感じたりしますが、普段は普通に動きます。

一生動かない人もいるし、たまに動くようになる人もいる、と専門医が言っていた麻痺だったんですが、前向きなイメトレで治ったんですね。

まぁ、人それぞれだとは思うんですが、その経験があるので、リーフには思う存分イメトレしてほしいと思ってます。無理のない程度に。

 

犬って色々わかってるんですよね。リーフの脚が両足動かなかったときは、ピノもブランも遊びには誘わない。

でもね、今は結構積極的に誘ってるんですよ、二人が。

だから、そういうのも任せてます。多分、自分たちでわかってるから。

 

初動の大切さとか、心の持っていき方の大切さとか、とかとか。

改めて、先週からずっと日々感じてます。

ありがたい、学び。

 

今日も、クリック↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

クリック♪クリック♪↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

*****************************************

飼い主さんとわんちゃんの幸せを願う Seaside Rose

Official HP

SHOP

 

Seaside Rose  –  Facebook

Seaside Rose  –  Instagram

 

michillに連載しています → https://michill.jp/writer/andoai

 

noteも書いてます。こちらは、ローズ一家にあまり関係ない文章を書いてます。→ note「obaba」

 

ブログのアップデートなど、Seaside Roseおばばからのお知らせを受け取れます。

友だち追加

あれから1週間

ペット食育協会®︎指導士のobabaこと安藤愛です。

 

今まで大病もせず、毎日しっかりごはんを食べて、しっかり遊んで、たまに喧嘩はするけどみんな仲良しなローズ一家。

そんな一家に慣れてしまって、普通で幸せな生活を当たり前だと思ってしまっていたおばばに、リーフが色々教えてくれたこの1週間。

リーフのこと(1)

リーフのこと(2)

 

リーフに症状が出てからちょうど1週間が経ちました。

リーフの後脚は、当初は完全に麻痺していました。お医者様が尖ったもので足をチクチクしてもなんの反応もなし。甲を裏返しても元に戻らない。前脚だけでオットセイのように進んでました。

ローズの食いしん坊の血を一番受け継いだリーフなのに、オヤツに対する反応が極端に薄くなったのもびっくり。皆んなが行くから条件反射的に一応脚を引きずって行く、という感じ。

そんなリーフを見て、なのか、感じて、なのか、他の3名様もなんとなく落ち着かない日々でした。

 

おばばがリーフを抱っこしてお庭に連れて行くのをみんなで遠くからじっと見てたり。

意外と繊細ボーイなブランは(笑)おばばへのストーカーが激しくなって、ちょっとでも家のドアに向かうと「どこ行くの!?!」とすごい形相で猛ダッシュしてきたり。

ローズはごはんの支度をしている時のサッカー遊びでガウガウがかなり激しく、半狂乱。

ピノはずっとリーフを気にして、そして、気にし過ぎてマウントしようとして、リーフ本人とおばばの両方に怒られるという(笑)

いずれにしても、みんながなんとなくソワソワと落ち着かない。

 

一人崩れると、みんな崩れる。

そんな多頭飼いの難しさを改めて感じました。

 

原因療法的な考え方をすると、リーフの身体は他の3名様と比べて弱いわけではなく、且つ、症状が出たことは悪いことではなく、むしろ、「健康だったからきちんと症状が出た」ということなのかと思います。

異常な雪が降った1月。2月からおばばの生活が不規則に変わった。暖かくなって来たと思ったら3月にまた雪。また暖かくなったと思ったら、GW前までホットカーペットをつけるような寒さ。そしてぽかぽかの南の島へ旅行。

かなーり身体でいろんな対応が必要な数ヶ月。そりゃー、疲れます。

 

実は、おばばもぎっくり腰を3回やったことがあります。本格的に1週間動けないやつを。

初めてぎっくり腰になった時のことは今でも忘れません。

すっごく忙しくて、朝早くて夜遅くて、ずっとずっとそんな日が続いていた時期でした。ご飯の時間も不規則だったし、仕事の内容もかなりストレスフルだったし、疲れているのは自覚していました。

で、その時はCM制作の佳境だったんですが、やっとできたこのテープを編集室に持って行って、30分後の試写の準備をしなきゃ、という時。テープを持って廊下を歩いてたんです。普通に。そしたら、右足を出した後に左足が出なかった。

これが初めてのぎっくり腰でした。

もうね、立ってるのも辛い、しゃがむこともできない、ましてや座ることなんかできない。何しても辛い。

でも、そんな時だとしても考えるのはただひとつ。

「このテープを編集室に届けなきゃ」

どんだけ?(笑)

そうしたらね、ちょうど、本当に偶然同じ部の子が前から来たんです。必死に「ごめん、ちょっとどうにも動けないんだけど、このテープを編集室に持っていかないといけない。間に合わない。持って行ってもらえない?」と。

よって、試写には間に合ったんですが、そのあと席までの100歩ぐらいが死にそうでした。席について、とりあえずPCに向かって会社に一番近いぎっくり腰専門医を探して、上司に電話して「すみません、病院行きます」と言い、なんとか1階まで行ってタクシーに乗り、病院に行ったら「この状態で一人できたんですか?!」とびっくりされた、という。

病院からはそのままタクシーで自宅に帰り、その日から1週間はずっと寝てるか病院に行っているか。

今考えると異常なんですよね。だって、正直、そんな時にテープなんてどうでもいいじゃないですか。今考えると、同僚に言うべき言葉は「テープ持って行って」じゃなくて、「助けて」になるのが普通だったんじゃないかな、と。

 

まぁ、おばばのぎっくり腰の話はどうでもいいんですが(笑)

何が言いたいかと言うと、重いもの持ったとか無理して運動しすぎたという状況じゃなくてもぎっくり腰にはなるんですね。体がすっごく疲れてると。しかも、いきなりなるんです。右足の後に左足が出せない、という感じ。

 

リーフもそういうことだったのかなぁと思ってます。体が弱いわけではない。ましてや、よく言う「遺伝」とか「体質」とかは当てはまらない。

推測ですが、朝方、お手洗いに行って、帰って来て、さてベッドに戻ろうか、って時にギクッとなったように思います。だから、激しい運動をしたわけでもなく、高いところから飛び降りたわけでもない。

 

気候の急変、寒暖の差、色々ありましたが、おばばの生活が不規則で忙しかったのも確実に原因の一つだと思っています。「ストレス」という意味で。

 

そんなことを考えながら、リーフがくれた「気づき」をきちんと受け止めて考えないといけないなぁと思っています。

おばばが体調不良になるのもマズイし、一家の誰かが体調不良になってもみんなが不安になる。

そんな状況を作っちゃいけないな、と。

 

今日、リーフに鍼をしてもらいに行ったんですが、右足のつま先の反応は戻っていました!左足はまだだけど…

結構うまく歩けるんですよ(^^) 昨夜なんて、ピノとブランのガウガウにきちんと参戦してました。ちょっと離れたところから(笑)

だんだんと戻って来ています。

リーフにも「意欲」が戻って来ました。それが一番嬉しい。

 

リーフがおばばのお誕生日にくれた「気づき」のプレゼントを、おばばがどう活用するか。どう考えるか。

そんな「新月」と「天王星移動」のタイミング。

1週間経ってのおばばの雑感でした。

 

最後に、仲良しコンビのピノっちがリーフさんを気遣って(?)お世話しているところ。ずっと同じことが続くので、飽きたらストップしてください(笑)

 

夜、ちょっと肌寒かったので、腰を冷やさないようにしていたリーフさんの横に割って入って、必死でお世話してました(^^)

一家には、いつも教えてもらっています。

 

 

今日も、クリック↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

クリック♪クリック♪↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

*****************************************

飼い主さんとわんちゃんの幸せを願う Seaside Rose

Official HP

SHOP

 

Seaside Rose  –  Facebook

Seaside Rose  –  Instagram

 

michillに連載しています → https://michill.jp/writer/andoai

 

noteも書いてます。こちらは、ローズ一家にあまり関係ない文章を書いてます。→ note「obaba」

 

ブログのアップデートなど、Seaside Roseおばばからのお知らせを受け取れます。

友だち追加

その後の進捗

ペット食育協会®︎指導士のobabaこと安藤愛です。

 

昨日、リーフのことをご報告しました。

 

今日、写真や動画を見ていたら気づいたんですが、発症当日の写真やビデオが全くない… 相当ショックだったみたいです、おばば(^^;)

なので、発症翌日の動画を。ちょっとショックですが、後脚が両方とも動かなくなったリーフ。お手洗いに連れていったのでその場面もありますが、本人もまだ何が起こったのかわからずにいるように見えます。

このビデオの翌日、つまり昨日は、東京の病院で診てもらって治療をしてもらいました。なんとなく背中の硬直がなくなったようには思いましたが、足の甲はひっくり返ったまま。

 

今日は、本当は朝からみっちり仕事があったのですが、無理を言っておやすみを頂いたおばば。

他の子たちには申し訳なかったのですが、今日はお散歩なしで、1日リーフと向き合いました。

昨日からおばばがずっと気になっていたのは、リーフの無気力と落ち込み。

脚が動かなくて歩けないというショックや、どうしてなのかわからないという困惑や、そして、ピノやブランが追いかけっこして遊んでいるのに私は一緒に遊べないという落胆。

そんなのが混ざって、脚が動かないということとは違う「元気のなさ」が、おばばは一番気になってました。

病は気から。

気力が病を遠ざける。

それってなまじ嘘じゃないというか、結構大切なことだと思ってます。

だから、どうにかリーフに「歩きたい」と思って欲しい、今までみたいに「遊びたい」と思って欲しい、という気持ちが一番大きかった。

歩けるかどうかっていうのは、実はおばば的には二の次というか、多分、気持ちの後についてきてくれると信じてました。

 

なので。

朝から、リーフを観察。たまにお庭に出しては様子を見て、戻りたそうにしたら家に入れて。そんなのを繰り返してました。

実はね、昨日治療したばかりですが、なんと、ごはんやおやつの時にはなんとなく後脚を使って一生懸命歩いてきてたんです。

さすが、食いしん坊!!(^^)

その時に、「あれ、私歩けてる?」っていう表情を見逃さなかったおばば。

 

ここでお伝えしておかないといけないのが、実は、西洋医学の先生には「絶対安静。動かさないで」と昨日も言われていました。

が、その前に見て頂いた東京の先生には「多分もう大丈夫だから、あとは気持ちの問題と、脚をこう動かしたらうまく歩ける、という成功体験をさせてあげてください」と言われていました。

どちらを信じるか?という問題ですが、これに関しては、おばば的には成功体験の方を支持しました。

おばばの判断です。なので、皆さんは「鵜呑みにしない」こと。絶対ご自分で調べて判断してくださいね。

 

なので、ごはんやおやつに対して意欲的に来る、という行為に対しては「すごいじゃない!リーフ!歩けてるよ!いい子だ!!」と褒めまくって、わしゃわしゃして、(他の子には申し訳ないですが ^^)リーフにだけ多めにおやつをあげたりしてました。

でも、その時間が終わると、また元のリーフ。

むーーーーーーーーーん。

って感じで無表情で用意したブランケットの上に座ったまま。

近所からわんちゃんの鳴き声が聞こえて、ピノとブランが庭に飛び出しても、ただ見てるだけ。普段だったら率先してワンワンしながら庭に飛び出すリーフさん。

 

で、ですね。

夕方涼しくなってきたので、ちょっと長期戦で庭に出ようと思い、ミントティとPCを持って庭にでたおばば。

リーフをおばばから2mぐらい離れたところに置いて、意図的に違うことをして気にしてないふりをしてました。

だいたい10分ぐらいかなぁ。全く動かず、「なんなの、こんなところに私を置いて」みたいな顔をしているのも気にせずにずっとそこにいさせてました。

そうしたら!!

なんと、家に戻ろうとせずに、自分から後脚もなんとか使って、庭を散策し出したんです!!

よろけながらですが、「自分の意思で」「行きたい方向に」向かってます。しかも、後脚、使えてませんか?!

声を出さずに冷静に撮影しつつ、涙が出そうになっていたおばば(T_T)

 

このあと、歩けることがわかったところからリーフの表情が変わりました。

 

そして、お隣さんがサーフィンから帰ってきて外でシャワーを使っているのをピノとブランがワンワンしに行ったんですが、リーフさんがそこに声だけ参戦した!

症状が出てから、うんともすんとも言わなかったのに、いつも通り太い声で(笑)やっとワンワン言いました!

 

なんとか後脚が動くようになったのも嬉しかったですが、何より、いつもの強気なガウガウリーフに戻ってきたのが嬉しい!(涙)

 

「気持ち」ですね。

やっぱり、人間もワンコも、気持ちが大事。

歩こうという気持ち。

食べたいという気持ち。

遊びたいという気持ち。

そういうのが、多分、世の中的にいう「治癒力」につながると思ってます。

もちろん、いきなりやりすぎはいけないので、このあとは家に入ってのんびりしました。

 

今日は、とにかくリーフと向き合おうと思った日。

そうしてよかった。

あまりにも早く良くなってきているので、全く後脚が動かず、うんともすんとも言わないリーフをすでに忘れてしまいそうですが、ここまでおばばが全力で色々やったことは間違いではなかったのかも、と思えた1日。

でも、まだまだ予断を許さないと思っているので、慎重には行きたいと思っています。週明け早々から治療を始めます。

さらなる進捗もまたお伝えできればと思っています!

 

今日は、早速嬉しいご報告でした!

 

今日も、クリック↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

クリック♪クリック♪↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

*****************************************

飼い主さんとわんちゃんの幸せを願う Seaside Rose

Official HP

SHOP

 

Seaside Rose  –  Facebook

Seaside Rose  –  Instagram

 

michillに連載しています → https://michill.jp/writer/andoai

 

noteも書いてます。こちらは、ローズ一家にあまり関係ない文章を書いてます。→ note「obaba」

 

ブログのアップデートなど、Seaside Roseおばばからのお知らせを受け取れます。

友だち追加

新月、天王星の移動、おばばの誕生日

ペット食育協会®︎指導士のobabaこと安藤愛です。

 

5月15日(火)20:47に「牡牛座」で新月に。

5月16日(水)0:16に天王星が「牡牛座」に移動。

そして、5月17日(木)はおばばの誕生日でした。「牡牛座」です。

こんなタイミングはかなーり希でして、どんなビッグニュースが来るのかなぁと思っていたのですが、予期しないびっくりする出来事がありました。

 

実は16日(水)に、朝起きたらリーフさんの後ろ左脚が動かなくなっていました。本当に、突然。前日夜まで、なーんの変わりもなく普通にしていたリーフさん。

朝起きたら突然、後脚を引きずってまして、むむむむむ…と流石のおばばもちょっと動揺しました。

病院が開いた時間に電話してすぐに連れて行ったのですが、血液検査をして、レントゲンを撮って、先生がおっしゃったのは「椎間板ヘルニアの疑い」でした。

 

が!!

おばばは、新米ですがペット食育協会の指導士です。

それなりに(受験した方にはわかっていただけると思うのですが、結構勉強しないとなれません…)勉強したつもりです。

二足歩行ではないわんこに椎間板ヘルニアは考えにくい、という「考え方」があることも知っていましたので、冷静に先生の話を受け止めました。

うまく歩けないリーフを抱っこして家に帰り、リーフを安静にさせてから最善の方法を考えました。

 

実は、朝起きて、リーフの症状に気づいて、心配ながらもローズ一家のご飯を用意して、その時もリーフがご飯を待ち望んで「尻尾を振っている」のを確認して、みんながご飯を食べ終わって、まずやったことは、一番予約が取りにくい須崎先生の診療予約。

そして、それとは別に、おばばが望む治療をしてくれるはずの病院の予約。その後、近所の病院に行きました。

 

そして、翌日17日はおばばの誕生日。

リーフさんの脚が少しでも良くなっているといいなぁと思っていたら、右脚も動きづらくなっていました。ムーーー、両脚か…と、やはり流石のおばばも再度動揺しましたが、その日は病院の予約が取れなかったので、足腰を温めながら、安静に過ごさせました。その他、思いつくまま良いと思われる処置もしました。お手洗いは時間を見てお庭に連れて行きました。

 

で、本日18日。

東京の病院で診てもらい、いくつかの治療をし、大丈夫、歩けるようになります、というお言葉を頂きました。まだわかりませんが、おばばもそう思います。

その後、西洋医学の病院にも行ったのですが、ステロイドと手術という方法もある、というご提案を頂きました。

昨日1日、リーフを安静にさせながら、色々調べ、そして熟考したので、おばばにはもう答えがありました。

西洋医学の先生には、ステロイドも手術もするつもりはないです、とお伝えしました。

 

でも、ここで誤解して頂きたくないのですが、もちろん、手術をして良くなっている子もいますので、手術を否定しているわけではありません。

おばばが、自分の知識と判断でやっていることですので、その下地がない場合は、ぜひ先生の仰ることを聞いてくださいね。

え!?ペット食育協会って手作りごはんの勉強じゃないの?と思われるかもしれませんが、実はペットさんの健康全般、そしてその延長線上で病気のこともきちんと勉強します。でも、獣医さんになる勉強ではなありません。

 

今は、両脚が動かなくて落ち込んでいるリーフさんをテンション高めに励ましながら(笑)過ごしています。

他の3名様も、いつもと違う感じに動揺している感じがあります。

おばばの心配は、実は、そこ。

メンタルケアを重点的に考えたいと思ってます。

 

いやね、この内容を書くのはかなり迷ったんです。

元気玉とか送らないでくださいね(笑)なぜなら、リーフは治るから。大丈夫だから、です。

そして、再度お伝えしたいのですが、手術するのを否定しているわけではないのです。でも、もし万が一、同じような症状の子がいたら、こういう考え方もある、ということをお伝えしたいなぁと思って、勇気を持って(笑)書きました。一資料として。

そして、忘れないで頂きたいのが、いつも言っている→「ネットの情報を全て信じるな!」(笑)おばばのブログも含めてです(^^) ぜひご自分の方法でお調べください。

ご参考まで、こんな話もあります→ ご興味ある方はこちら

 

とはいえ、おばばも初めてのことなので、気持ち的には、かなーり頑張ってます。

obabaのブログを読んでくださってる、ある意味物好きな皆さん(笑)にはお伝えしておいて、心の中で応援して頂きたいな、という魂胆です(笑)

インスタやFacebookは、ローズ一家とおばばの幸せな世界なので、そういうことは書きたくないなぁと思ってたりします。なので、あちらでは今まで通りに普通に過ごしたいと思ってます。ぜひ、ご協力のほどを(^^)

 

ずっと、この件について書かないのもなぁ…と思ってたので、書けてよかった。やっとそんな気持ちになりました。

なんとなくね、おばばの誕生日にリーフさんがくれたプレゼントだと思ってます。あ、皮肉じゃなくて。

ローズ一家との向き合い方とか、自分の生活とか、病気や症状との向き合い方とか、あとは勉強の大切さとか。勉強したおかげで、「冷静に判断」できた。

そういう全てに対する、大きな「気づき」のプレゼント。

おばばの今までの人生で、一番大きなプレゼントをもらったように思います。

なので、絶対リーフを歩けるようにする!それが44歳になったおばばの宣言です!(あ、歳を言っちゃった!笑)

ゾロ目のおばば、頑張りますよ!

 

あ、最後に。獣医師法の観点から、おばばがローズ一家以外の子の症状について詳しくアドバイスするのは、協会にご迷惑がかかるので出来ないことをご了承くださいませ!

 

取り急ぎのご報告でした。症状の経緯はタイミング見てまたご報告します!

 

 

追記:このブログの続きはこちら。

その後の進捗

あれから1週間

心の持っていき方

 

 

今日も、クリック↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

クリック♪クリック♪↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

*****************************************

飼い主さんとわんちゃんの幸せを願う Seaside Rose

Official HP

SHOP

 

Seaside Rose  –  Facebook

Seaside Rose  –  Instagram

 

michillに連載しています → https://michill.jp/writer/andoai

 

noteも書いてます。こちらは、ローズ一家にあまり関係ない文章を書いてます。→ note「obaba」

 

ブログのアップデートなど、Seaside Roseおばばからのお知らせを受け取れます。

友だち追加