その後の進捗

ペット食育協会®︎指導士のobabaこと安藤愛です。

 

昨日、リーフのことをご報告しました。

 

今日、写真や動画を見ていたら気づいたんですが、発症当日の写真やビデオが全くない… 相当ショックだったみたいです、おばば(^^;)

なので、発症翌日の動画を。ちょっとショックですが、後脚が両方とも動かなくなったリーフ。お手洗いに連れていったのでその場面もありますが、本人もまだ何が起こったのかわからずにいるように見えます。

このビデオの翌日、つまり昨日は、東京の病院で診てもらって治療をしてもらいました。なんとなく背中の硬直がなくなったようには思いましたが、足の甲はひっくり返ったまま。

 

今日は、本当は朝からみっちり仕事があったのですが、無理を言っておやすみを頂いたおばば。

他の子たちには申し訳なかったのですが、今日はお散歩なしで、1日リーフと向き合いました。

昨日からおばばがずっと気になっていたのは、リーフの無気力と落ち込み。

脚が動かなくて歩けないというショックや、どうしてなのかわからないという困惑や、そして、ピノやブランが追いかけっこして遊んでいるのに私は一緒に遊べないという落胆。

そんなのが混ざって、脚が動かないということとは違う「元気のなさ」が、おばばは一番気になってました。

病は気から。

気力が病を遠ざける。

それってなまじ嘘じゃないというか、結構大切なことだと思ってます。

だから、どうにかリーフに「歩きたい」と思って欲しい、今までみたいに「遊びたい」と思って欲しい、という気持ちが一番大きかった。

歩けるかどうかっていうのは、実はおばば的には二の次というか、多分、気持ちの後についてきてくれると信じてました。

 

なので。

朝から、リーフを観察。たまにお庭に出しては様子を見て、戻りたそうにしたら家に入れて。そんなのを繰り返してました。

実はね、昨日治療したばかりですが、なんと、ごはんやおやつの時にはなんとなく後脚を使って一生懸命歩いてきてたんです。

さすが、食いしん坊!!(^^)

その時に、「あれ、私歩けてる?」っていう表情を見逃さなかったおばば。

 

ここでお伝えしておかないといけないのが、実は、西洋医学の先生には「絶対安静。動かさないで」と昨日も言われていました。

が、その前に見て頂いた東京の先生には「多分もう大丈夫だから、あとは気持ちの問題と、脚をこう動かしたらうまく歩ける、という成功体験をさせてあげてください」と言われていました。

どちらを信じるか?という問題ですが、これに関しては、おばば的には成功体験の方を支持しました。

おばばの判断です。なので、皆さんは「鵜呑みにしない」こと。絶対ご自分で調べて判断してくださいね。

 

なので、ごはんやおやつに対して意欲的に来る、という行為に対しては「すごいじゃない!リーフ!歩けてるよ!いい子だ!!」と褒めまくって、わしゃわしゃして、(他の子には申し訳ないですが ^^)リーフにだけ多めにおやつをあげたりしてました。

でも、その時間が終わると、また元のリーフ。

むーーーーーーーーーん。

って感じで無表情で用意したブランケットの上に座ったまま。

近所からわんちゃんの鳴き声が聞こえて、ピノとブランが庭に飛び出しても、ただ見てるだけ。普段だったら率先してワンワンしながら庭に飛び出すリーフさん。

 

で、ですね。

夕方涼しくなってきたので、ちょっと長期戦で庭に出ようと思い、ミントティとPCを持って庭にでたおばば。

リーフをおばばから2mぐらい離れたところに置いて、意図的に違うことをして気にしてないふりをしてました。

だいたい10分ぐらいかなぁ。全く動かず、「なんなの、こんなところに私を置いて」みたいな顔をしているのも気にせずにずっとそこにいさせてました。

そうしたら!!

なんと、家に戻ろうとせずに、自分から後脚もなんとか使って、庭を散策し出したんです!!

よろけながらですが、「自分の意思で」「行きたい方向に」向かってます。しかも、後脚、使えてませんか?!

声を出さずに冷静に撮影しつつ、涙が出そうになっていたおばば(T_T)

 

このあと、歩けることがわかったところからリーフの表情が変わりました。

 

そして、お隣さんがサーフィンから帰ってきて外でシャワーを使っているのをピノとブランがワンワンしに行ったんですが、リーフさんがそこに声だけ参戦した!

症状が出てから、うんともすんとも言わなかったのに、いつも通り太い声で(笑)やっとワンワン言いました!

 

なんとか後脚が動くようになったのも嬉しかったですが、何より、いつもの強気なガウガウリーフに戻ってきたのが嬉しい!(涙)

 

「気持ち」ですね。

やっぱり、人間もワンコも、気持ちが大事。

歩こうという気持ち。

食べたいという気持ち。

遊びたいという気持ち。

そういうのが、多分、世の中的にいう「治癒力」につながると思ってます。

もちろん、いきなりやりすぎはいけないので、このあとは家に入ってのんびりしました。

 

今日は、とにかくリーフと向き合おうと思った日。

そうしてよかった。

あまりにも早く良くなってきているので、全く後脚が動かず、うんともすんとも言わないリーフをすでに忘れてしまいそうですが、ここまでおばばが全力で色々やったことは間違いではなかったのかも、と思えた1日。

でも、まだまだ予断を許さないと思っているので、慎重には行きたいと思っています。週明け早々から治療を始めます。

さらなる進捗もまたお伝えできればと思っています!

 

今日は、早速嬉しいご報告でした!

 

今日も、クリック↓よろしくお願いします★

にほんブログ村 犬ブログ 犬 手作りごはんへ
にほんブログ村

クリック♪クリック♪↓

にほんブログ村 犬ブログ 犬 4頭飼いへ
にほんブログ村

 


人気ブログランキング

 

*****************************************

飼い主さんとわんちゃんの幸せを願う Seaside Rose

Official HP

SHOP

 

Seaside Rose  –  Facebook

Seaside Rose  –  Instagram

 

michillに連載しています → https://michill.jp/writer/andoai

 

noteも書いてます。こちらは、ローズ一家にあまり関係ない文章を書いてます。→ note「obaba」

 

ブログのアップデートなど、Seaside Roseおばばからのお知らせを受け取れます。

友だち追加

「その後の進捗」への3件のフィードバック

  1. リーフ頑張ったねえ。
    おばば様も、さすが肝が座ってらっしゃいます。
    きちんと考えて冷静に対処されてますよね。本当にローズ一家はしあわせものですよ、とワンちゃん達に言いにいきたいぐらいですが。
    リーフちゃんお大事にしてください。
    また嬉しいご報告待ってます。

    1. リーフ、頑張ってます!仲良しピノ君も寄り添ってます(^^)
      肝っ玉おばばも頑張ります!いつもありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です